パーキンソン病 | wearing offの治療はどうする?

パーキンソン病では、脳内の神経伝達物質である ドーパミンの量を増やす薬が主に用いられ、 初期段階であれば、薬によって症状を コントロールしやすい状況にあります。 ところが、治療期間が長くなるに連れて、 薬の効果が表れない ‥‥