パーキンソン病とは | 治療法をまとめてみました

パーキンソン病が発症する原因については
未だ解明されていませんが、
パーキンソン病に見られる特徴として、
脳の中の神経物質であるドーパミンの分泌量が
減少しています。

そのため治療法としては、次の3つの治療法が
主に行われています。

薬物療法

①薬物療法

主に「L-Dopa」「ドパミンアゴニスト」という
薬が使用されます。

L-Dopaが投与されると、脳の中の神経細胞に届き、
その中で代謝してドーパミンになることで、
不足分を補う仕組みです。

L-Dopaの効果は強いのですが、効果時間が短いのが
難点です。
そのため、DCI合剤と一緒に服用することが
ありますが、脳内へL-Dopaが移行するのを
補助し、効果を高めてくれます。

またドパミンアゴニストは、ドーパミン受容体に
結合することで、ドーパミンの作用を代わりに
受けもつ働きがあります。

ドパミンアゴニストはL-Dopaと比べて効果は
弱いですが、効果時間が長いという
のが特徴です。

高齢者は主にL-Dopaが投与され、若い人であれば、
まずドパミンアゴニストのみを投与し、
効果があまり感じられないようであれば、
L-Dopaを併用するなど使い分けがされています。

一方、それら2つの薬には副作用があるため、
併用することで日常生活の質を高める薬が
用いられることがあります。

例えば次のような薬です。
抗コリン薬:ドーパミンと逆の効果を持つ
神経伝達物質のアセチルコリンという物質が
ありますが、ドーパミングが不足すると
アセチルコリンの活性がより強くなり、
パーキンソン病の発症が高まる可能性が
指摘されています。
それで抗コリン薬を投与することで、
アセチルコリン受容体を遮断し、
ドーパミンが不足したことによる
アセチルコリンの過剰作用を抑えます。

ドーパミン放出促進薬:ドーパミンの放出を
促す働きがありますが、
どうして薬が効くのかは分かっていません。

MAO-B阻害薬:細胞内でドーパミンを代謝して
しまうMAO-Bを阻害する薬です。

手術療法

②手術療法

パーキンソン病では薬物療法がまず行われますが、
症状の改善が見られなかったり、投薬量を減らす
ために、外科手術が行われることがあります。

パーキンソン病は、中脳の黒質から分泌される
ドーパミンの量が減少することが原因の一つと
考えられています。

運動ブレーキ役である淡蒼球内節(たんそうきゅう
ないせつ)、淡蒼球内節を活性化させる線条体、
線条体を抑制している黒質が運動のブレーキに
関与していますが、
ドーパミンの量が減少すると、
間接的に運動のブレーキを

高めることになります。

そのため、淡蒼球内節や視床下核の活動を抑える
ことでパーキンソン病の症状を緩和することを
目的に熱凝固術
行われます。

熱凝固術では、熱で線条体や淡蒼球内節の一部などを
破壊することにより、運動のブレーキ機能を正常に戻すことを
目指し、 特に安静時振戦に効果があると言われています。

また、脳深部刺激療法(DBS)は、
脳の特定部位を持続的に電気で刺激し、
パーキンソン病における異常な脳の活動を抑える
治療ですが、数年で電池の残量が低下しますので、
胸に埋め込んだ医療器具を交換する必要が生じます。
保険適応されているため、パーキンソン病の
手術において主流となっています。

リハビリ療法

③リハビリ療法

病気の進行に伴い、身体の動きや次第に
悪くなってきますが、関節の動きが
悪くなる(関節拘縮)→筋肉が痩せてくる
(筋萎縮)→日常生活動作が不自由になる
という悪循環に陥ってしまいます。

これを防ぐためにも、病院での専門的な
リハビリに加えて、自宅でもリハビリを
行うようにする必要があります。

リハビリでは、運動療法が中心となります。
ストレッチやマッサージ、運動によって筋肉や関節を
柔軟に保てるようにしたり、
姿勢を矯正することで歩行を改善したりします。

最近では、パーキンソン病だけでなく、
その他の病気のリハビリのために、
音楽療法が取り入れられることが
増えてきました。

音楽に合わせて体を動かすことで、
脳に一定のリズムを認識させて、
身体をスムーズに動かしやすくすることを
目指しています。

リハビリで大切なのは楽しむこと、
出来る範囲で行うことが大切です。

運動の時間の目安として、15~20分程度の運動を
1日に2~3回行えるのが望ましいですが、
階段の上り下りや着替え、食事など日常生活動作も
運動に取り入れる工夫もしてみるとよいでしょう。

(まとめ)

パーキンソン病は脳の中のドーパミンが減少することで
発症すると考えられています。
治療方法としては、薬物療法、手術療法、 運動療法が
主に行われます。
薬や手術ですぐに完治できるには難しい病気ですので、
長期的に取り組むようにしましょう。

コメントは受け付けていません。